世界スポーツフェスティバル アーノルドクラッシック2017
ジュニア空手チャンピオンシップ
ARNOLD CLASSIC AUSTRALIA
ARNOLD KYOKUSHIN KARATE CHAMPIONSHIPS

主催:アーノルド・シュワルツェネッガー
2017年3月17日~19日〔日〕 オーストラリアメルボルン エキシビジョン&コンベンションセンター
初級クラス 9~10歳の部
優勝  上原琥汰郎
初級クラス 7~8歳の部
優勝 上原瑳祐

上原兄弟がアーノルドクラッシックで兄弟優勝を達成!瑳祐〔さすけ〕は昨年に引き続き2連覇を達成!
この大会はこの大会はスーパースター「アーノルド・シュワルツェネッガー」主催の世界スポーツフェスティバル。
3日間かけボディビル選手権を中心に多数のスポーツ選手権を行うオリンピック形式のスポーツイベントです。
正式種目の極真〔フルコンタクト〕空手ジュニアチャンピオンシップに上原兄弟が出場。



規定の胴プロテクターを着用する瑳祐。
この大会は基本はフルコンタクトルールだが胴プロテクター、マウスピース着用義務。上段前蹴り禁止と日本とはルールがやや異なる。異なるルールの中でいかに自分らしさを発揮できるかも勝敗のカギとなる。


 

瑳祐の準決勝選。胴プロテクターが大きく、蹴りが出しにくそうだったが突き技を中心に徐々にペースを握る。


判定は4-1で瑳祐!!決勝戦に進出!


 

決勝は一回り以上大きな長身選手と対戦。
瑳祐は相手選手のパワフルな前進に後退させられるも素早いパンチで対抗。ハイキックも当てられ危ないシーンもあったが中盤から相手が焦ったか押しからの攻撃が目立ちだす。相手選手に注意1終了間際に減点1となり。判定へ
判定は4-0で瑳祐。アーノルドクラッシックジュニア空手大会で 2連覇を達成!!


琥汰郎〔こたろう〕は今回好調!突き技が走り得意の膝蹴りも随所でヒットし胴プロテクター越しにダメージを与える。
本戦3-0の判定で一回り大きな選手に勝利。


 

決勝戦もやはり突き技がさえ序盤から優勢に立つ。ボディ攻撃でダメージを与え終盤には上段廻し蹴りもヒット!本戦5-0の判定でアーノルドクラッシック優勝を決める!


 

琥汰郎の表彰式。金メダルの授与を受ける。


2人の表彰式、4K動画はこちら


 

空手大会主催者であるピーター&マリアリッチ先生と
〔写真左がピーターリッチ先生、写真右がマリアリッチ先生〕マリアリッチ先生は極真松井派世界ウエイト制大会優勝、極真全オーストラリア大会を6度制した極真オーストラリアのレジェンドファイターです。
元K-1トップ選手のサムグレコとは練習仲間で、世界ウエイト制の出場時はギャリーオニールと同チームで来日しています。


ゲスト来場していたピーターグラハム選手と
元極真&K-1選手。知っている人はよく知っていますよね。K-1時代、次世代チャンピオン候補No1とわれた悪童「バダ・ハリ」から執拗な挑発を受けたものの試合では胴廻し1発で下馬評を覆し完全KOを納めました。地元では「ローリングサンダーキック」と呼ばれています
ピーターグラハム選手のローリングサンダーキック動画はこちら


 

来場していた主催者アーノルド・シュワルツェネッガーとの写真もなんとか成功☆


TOPへ