2016空手ワールドカップ〔世界選手権〕
主催:WKO
2016年11月13日(日) エディオンアリーナ
一般女子 軽中量級
優勝  長島 小夏
一般男子 軽量級
ベスト8  長島拓哉

世界チャンピオン誕生

若干16歳の長島が世界大会で優勝!
この大会は4年に一度開催される世界選手権。
世界20か国、約110名の選手が世界チャンピオンを目指し凌ぎを削った。


 

開会式。


 

長島の1回戦延長戦4-1の判定勝利。


 

2回戦は前回世界大会3位の選手に本戦5-0の判定勝利。


 

 

長島は初戦を海外選手に上段膝蹴り、一本勝ち。2回戦で強豪イラン人選手と対戦。中段突きを効かし一本勝ちを納める。


 

長島は準々決勝で山田選手と対戦。序盤は主導権を握りうまく戦ったが後半は相手選手の突き技の猛攻に後退。本戦0-4の判定で敗れる。


 

 

小夏は準決勝戦で前回世界王者の山口選手と対戦。
前半、後ろ回しや後ろ蹴りで攻め込まれたが後半巻き返し、五分の展開に持っていく。延長戦でも激しく打ち合うが差はつかず。規定により体重判定。4キロ軽量の長島が勝利。
前回王者を破り決勝戦に進出!


決勝戦入場直前。兄弟が小夏をサポート。


 

決勝戦、選手入場


 

 

波に乗る小夏は前半から勝負を仕掛け猛然と攻める。中段回し蹴りや突き技を有効に決め優勢に試合を進める。終盤は応援団の「大小夏コール」が小夏を後押し、終盤も休む事無く攻め続けた。


 

判定は5-0で小夏!世界チャンピオンに輝く!


表彰式にて観戦に来ていたK-1世界王者ピーターアーツさんと。


優勝者にはトロフィーメダルに加え、チャンピオンベルトが授与されました。


準決勝を戦った山口選手と
4歳年上の山口選手に普段からとてもかわいがっていただいています。 尊敬する山口選手との対戦は1つの夢でした。


入賞者集合写真


応援団と記念撮影。大正援ありがとうございました!!


長島4兄弟で
今回小夏が優勝、拓哉は惜しくも準々決勝で敗れました。2人からは試合後も今後についての前向きな話をしています。
長島兄弟の今後の活躍に期待!みなさん「長島兄弟物語」はまだまだ続きます!



TOPへ