第253回新空手道大阪大会
主催:全日本新空手道連盟
2016年9月11日(日) 住吉武道館
ルーキークラス小学3、4年の部
優勝  竹並楓



準決勝を戦う楓〔かえで〕
楓は1回戦シード。準決勝からの登場。この大会は腰より高い蹴りを必ず8本出さなくてはいけない新空手ルール。
もともと上段系の攻撃が得意な楓は問題なく適応。上段回し蹴りで技ありを奪っての快勝。


 

決勝戦も序盤から勢いよく攻め。上段回し蹴りで技ありを奪う。
その後は狙い澄ました後ろ蹴りがジャストヒット!相手は悶絶。
「1本勝ち」にて優勝を決める!
正援塾は過去この大会で全敗、0勝。
救世主、楓が初勝利の勢いのまま初優勝を収めました。


正道会館、総本部の皆様と撮っていただきました。


新空手大会ルーキーの部で優勝した楓〔かえで〕と同じ小学4年の上級クラスで優勝した松本海翔選手と
松本選手は正道会館全日本ジュニア大会優勝。軽量級ながら華麗なステップや見るものを魅了する足技。勝負所を見極めた試合カンなど、スター性充分。
松本選手ありがとうございました。
今はまだまだ実力差があるがいずれ松本選手とも戦えるような選手を目指し今後も練習に励みます。
楓の空手に対する真摯で真っ直ぐな姿勢は他の見本です。もちろん本人はいろいろな葛藤と戦っているに違いありませんが自分を信じて今後も前進を続けて欲しい。
がんばれ楓!!



TOPへ