プロイベント「HOOST CUP」KINGS WEST2~浪速の乱~
2015年11月29日(日) 大阪府立体育館第2競技場
新空手K-4 SPECIAL MATCH第一試合
高橋莉玖〔正援塾〕VS 松井遥希〔BLACK Jr.〕
勝者 高橋莉玖〔延長判定2-1〕
新空手K-4 SPECIAL MATCH第3試合
長島明澄〔正援塾〕 VS 木下亜輝斗〔BLACK Jr.〕
勝者 長島明澄〔本戦判定3-0〕

この大会はK-1世界大会を4度制したアーネストホースト氏が中心となって行われるプロイベント。

過去にはホースト選手はじめK-1WORLDMAX準優勝の佐藤嘉洋選手、K-1ジャパントーナメント優勝の長島自演乙雄一郎選手、K-1ジャパン63キロ以下級優勝の大和哲也選手、K-1甲子園チャンピオンの野入正明選手など超一流の選手が試合を行っているビッグイベントです。



 

試合は華々しいセットのリングで行われる。会場はオープニングファイトの時間にもかかわらず大勢のお客さんで埋まった。試合も大盛り上がり。
莉玖、明澄はオープニングファイトのK-4ジュニア新空手スペシャルマッチに出場。


 

ドクターチェック&ルール説明。雰囲気や客層など普段とはまったく異なる為、雰囲気に飲まれず自分らしさを見せれるかも勝利へのカギとなる。


 

〔写真左〕着々とアップを進める。
明澄は2度目のホーストカップ出場。アップの時点から大きな緊張もなく落ち着いた様子。そんな明澄につられたかリング初挑戦の莉玖も自分が見えている様子。
〔写真右〕通常の選手なら緊張のリングチェックも本戦出場のプロ選手に混ざり、笑顔で行っていました〔笑〕


 

莉玖は第一試合に出場。BLACK Jr.の強豪選手と対戦。普段はポイント制大会やキックルールの試合に出ているとの事で正援塾とはあまり接点がないが、フルコンルール選手とは異なる打ち方で上段横蹴りや上段前蹴りを蹴ってくるため、やっている選手はかなり見え辛そう。〔青のヘッドガードが莉玖〕


 

積極的に前に出てパンチを打ち込む。相手選手はステップと蹴り技で対抗。
中盤から、莉玖の右ミドルキックが有効にヒットし出すが相手選手の素早い「上段前蹴り」で技ありを取られてしまう。
諦めず前進を続け終了20秒前あたりで莉玖の上段前蹴りがヒット!なんと技ありを奪い返す。
その後も中段回し蹴りを連打し本戦が終了。
本戦は0対0の引き分け。


 

延長戦、開始早々に相手の上段攻撃をもらい再び「技あり」を取られる。万事休したかに見えたが執念のミドルキック連打からの上段前蹴りで技ありを奪い返す。

その後もやはりミドルキックを連打し有効にヒットさせ、相手選手は上段攻撃で対抗。試合は判定へ〔マスト〕
蹴り数やダメージは莉玖の方が上回っていたがこの大会は新空手ルール。新空手は上段への華麗な攻撃が支持されやすいので判定は微妙。


 

固唾を飲んで聞き入った判定は2-1で莉玖!
技ありを2回取り返すかつてないミラクルゲームで激勝!!プロリングでの初試合を勝利で飾る!!


第3試合に明澄が登場。ホースト氏、武蔵氏も試合を観戦。


 

この日の明澄は凄かった!
相手選手も明澄と同じスピード型の選手。ハイレベルな蹴り技が交差する見応えのある内容。
スピーディな戦いが続いたが中盤あたりから明澄のボディパンチで相手選手の動きが止まり出す。


明澄はさらにギアを上げ連打。ガードが下がった所に上段回し蹴りがヒット!
会心の 「技あり」を奪う。


 

その後もボディ攻撃でくの字にさせ豪快な「胴廻し回転蹴り」。 相手選手がよけた為、弧を描き場内は歓声。
さらに連打でダウン寸前まで追い込み、胴廻し回転蹴りをヒットさせた所で試合が終了。


判定は3-0で明澄が勝利!内容でも魅せました。
今春から中学生になり部活との両立で日々の練習も体力的にはかなりきつかったとの事。よくがんばりました。


新空手SPECIAL MATCH出場者記念撮影


ライブ出演していた地下アイドルグループの「仮面女子」のみなさんと特別に写真を取らせていただきました。
明澄は「かわいー♡」「おめでとう~」とモテモテでした〔笑〕
仮面女子様ならびに関係者の皆様ありがとうございました。
仮面女子さんの公式ホームページはこちら


K-1世界王者ホースト氏、日本の王者 武蔵氏と
記念撮影→プリント→サインまでいただきました。嫌な顔一つせず笑顔で応じていただき、たくさんお褒めの言葉もいただきました。武蔵さん、ホーストさん誠にありがとうございました。
思い出に残る素晴らしい1日になったことでしょう。
また普段とは異なる雰囲気〔くうき〕での試合、いつもとは違うスタイルの対戦相手との試合は、2人にとって大きな経験になったに違いありません。



TOPへ