2015南大阪ジュニア空手道選手権大会
主催:空研塾西田道場
2015年7月20日(月・祝) 藤井寺総合体育館
小学4年男子初中級、重量の部
優勝  中川隆之祐
小学3年男子初中級の部
優勝  高橋莉玖
小学4年男子初心の部
優勝  坂本昇大
小学1年男子初中級の部
準優勝  熊涼桜

〔左から涼桜・昇大・隆之祐・莉玖〕



 

昇大の決勝戦〔写真左、左が昇大・写真右、右が昇大〕
昇大は1回戦。大振りの蹴りを連打しては動きが止まる組手になってしまう。
自力で上回り判定勝利。

2回戦はやや小柄な選手と対戦。終盤にパンチを連打し判定勝利。
決勝戦も動きが止まるシーンがありヒヤヒヤさせられるもミドルキックを有効に使い最後はラッシュで押し切る。
3対0の判定で優勝を決める!!


 

涼桜の1回戦〔写真左、右が涼桜・写真右、左が涼桜〕
涼桜は1回戦をミドルキックを有効に使い勝利。

準決勝では格上の白蓮会館の選手と対戦。
ボディ攻撃を効かされ劣勢となるも終盤に放ったカウンター気味の上段廻し蹴りがクリーンヒット!
値千金の技ありを奪う。
相手選手は逆転を狙って胴回し回転蹴りを連打するが防ぎきった所で試合終了。
本戦3対0の判定で決勝戦に進出!
〔写真左、右が涼桜・写真右、左が涼桜〕


 

莉玖〔右〕の決勝戦
莉玖は1回戦勝利。
準決勝はやや劣勢も本戦0対1の引き分け。
延長戦では怒りのぶん回しアッパー&フックを連打しダメージを与える。
延長戦3対0で逆転の判定勝利。
決勝戦に進出!

決勝戦はハイキックのキレる選手に徹底して接近戦のパンチ&ミドルキックで勝負。
パチパチとハイキックをあてられながらも力強い攻撃で対抗。
本戦は1対0の引き分け。


 

延長戦ではさらにボディ攻撃が走り「くの字」にさせる。終盤に「幕ノ内一歩」ばりの全身で打つボディアッパーで「技あり」。
延長戦3対0の判定で公式戦初の優勝を決める!!


 

隆之祐〔右〕の決勝戦
隆之祐は試合前に体調不良となるが気迫の強行出場。
準決勝からの登場。中盤から素早いパンチで、相手の動きが止まり出す。
ローキックも有効に決まり、こだわりのハイキックがついに炸裂!
自身初のハイキックでの「技あり」を奪取!
本戦判定勝利。
決勝戦は身長が16センチ高い選手と対戦。
この日の隆之祐は気持ちが強い。前へ前へ出続けパンチからのローキックを蹴り続ける。
ハイキックが何度もかすめたがかまわず前進。本戦の終盤辺りから相手の動きが鈍り始める。
本戦は引き分け。
延長戦でもローキックを放ちダメージを与える。


 

中盤にハイキックをあて終了間際に渾身のローキックで「技あり」を奪取。
3対0の判定で優勝。
隆之祐は道内大会を含め自身、人生初の優勝。
気持ちの強さが呼び込んだ感動的な優勝でした。


初中級クラスで優勝した莉玖〔右〕と隆之祐。
2人は12月に行われる(予選通過者のみで行われる)リアルチャンピオンシップへの出場権を獲得しました。


優勝した〔左から〕昇大、莉玖、隆之祐


正援塾道場生で
2006年の、この大会で入賞した伊織が審判&応援をしてくれました。
この大会は2012年以来の復活。正援塾からは2006年から選手が参加。過去に正援塾のたくさんの選手が活躍した思い出深い大会です。



TOPへ