プロ格闘技イベント「Hoost Cup」
主催:アーネストホーストジムジャパン
2015年3月1日(日) 京都KBSホール
新空手K-4 小学6年生 SPECIAL FIGHT
長島明澄〔正援塾〕VS隈元寛太〔KSS健生館〕
勝者 長島明澄〔胴廻し回転蹴り、合わせ一本勝ち〕
新空手K-4 小学2年生 SPECIAL FIGHT
小倉昊〔正援塾〕VS隈元寛太〔KSS健生館〕
勝者 小倉昊〔本戦3-0判定勝ち〕

この大会はK-1を4度制したアーネストホースト氏が中心となって行われるプロイベント。過去にはK-1WORLDMAX準優勝の佐藤嘉洋選手、K-1ジャパントーナメント優勝の長島自演乙雄一郎選手、K-1ジャパン63キロ以下級優勝の大和哲也選手、K-1甲子園チャンピオンの野入正明選手など超一流の選手が試合を行っているビッグイベントです。

明澄、昊は顔面パンチなしの新空手K-4ルールのワンマッチに出場。
新空手の強豪選手と対戦。


 

昊の試合。序盤からお互い勢いよく攻め、打ち合いとなるが、昊のパンチ攻撃を中心とした攻めに相手選手は徐々に後退。
ラスト20秒でラッシュをかけて押し切った昊が本戦3-0〔3審〕の判定勝利。


 

明澄は序盤、相手選手の前進にややペースを崩されるが。的確なボディ攻撃とインローキックを入れて盛り返す。
中盤に圧力の掛け合いとなった一瞬の隙をついて、明澄の胴廻し回転蹴りがクリーンヒット。「技あり」を奪取。場内は歓声。


 

相手選手は逆転を狙い上段前蹴りを中心にラッシュ。明澄はかわしながらのボディ攻撃を有効にヒットさせる。
終盤、ラスト10秒ほどで放った明澄の胴廻し回転蹴りが再度クリーンヒット。


「技あり」を奪い合わせ一本勝ち。ジュニアマッチでは全15試合中「1本勝ち」による勝利は明澄ただ一人!ジュニア選手ながらプロのリングで「火の玉ボーイ」を十分にアピールできたと思います。


試合終了後、及川道場の及川知浩先生、有井渚海選手と
及川道場はシュートボクシングで数々の名選手を輩出している超名門団体。競技は違いますが及川先生のご厚意で、正援塾ともたびたび練習をご一緒させていただいています。
この日も及川先生に暖かく声をかけていただいたとの事。
及川先生、誠にありがとうございました



TOPへ