第11回関西空手道交流試合
2014年9月23日(火・祝) 松原市民道夢館
30代クラス 軽量級
優勝  石田智司
40代女子クラス
優勝  畑本美会子
40代クラス 中量級
準優勝  太田幸文
20代クラス 中量級
ベスト4敢闘賞  佐藤慎
奨励賞
太田幸文


 

石田は5年ぶりの大会出場。「一ケ月半前から走り込みで鍛えていた」という石田はアップの時点から好調。
初戦シード、準決勝は相手の足が浮いた所に下段膝蹴りを放ちダウンを奪う。
「技あり」を奪取しさらにローキックで合わせ1本勝ち。

決勝も終始優勢に試合を進め本戦5対0の勝利。
5年ぶりの大会出場で優勝を決める!


佐藤はボディ攻撃を有効に使い、大会初勝利。


太田も初戦から好調。初戦準決勝と本戦勝利し決勝戦に進出


 

決勝前には空研塾、西田先生のご厚意で澄川が演武「杉板三方割り」を行いました。
前蹴り→上段回し蹴り→二段蹴りとすべて一発で決め見事に成功しました。


 

決勝は宮崎道場の田中選手と対戦。この試合は死闘となる。
序盤から膝蹴りを放つ太田〔右〕に宮崎道場「伝家の宝刀」内股への下段回し蹴りで対抗する田中選手。
太田の膝蹴りでダメージを与えたが相手選手は体幹が強く気迫で前進。
本戦引き分け。
延長戦でも膝蹴りを効かすも相手選手の前進は止まらずやや後退。延長戦0対1の引き分け。


 

再延長で勝負を賭けた太田〔右〕がラッシュ!久々の大「太田コール」を背中に受け力を出し切った。
判定は田中選手の安定感がわずかに勝り1対4の判定負け。

敗れはしましたが壮年部とは思えない、熱い漢〔おとこ〕の戦いに会場からは大きな拍手が送られました。

表彰式では気迫の戦いを見せた勝者の田中選手に最優秀選手賞。太田には奨励賞が授与されました。


表彰式 入賞者記念撮影


左から若槻・決勝を戦った太田、田中選手、宮崎道場、宮崎代表と


演武を行った澄川、山本選手と空研塾、西田先生。
西田先生誠にありがとうございました。


正援塾、大応援団と記念撮影。地割れするような大「太田コール」はこの日一番の大正援〔声援〕でした〔笑〕



TOPへ