空手道 正援塾

SEIENJUKU KARATE

指導者紹介


若槻 昌高
Masataka Wakatsuki
代表 五段
174センチ  72キロ

代表紹介はこちら

鰀目 有志
Yuuji Enome
師範代 二段
187センチ  78キロ
● 2009真樹道場、全日本空手道選手権大会
重量級 ベストエイト
● 2011宮野道場全関西空手道選手権大会
無差別級 準優勝

2004年に他流派から正援塾に移籍。
長身から繰り出す鋭角的な膝蹴りを武器に、数々の強豪選手と名勝負を演じている。
初心者に対する丁重な指導が、道場生から好評。
しかし上級者に対しては「地獄の筋トレ」を課し、選手クラス生からは「鬼の男」として恐れられている〔笑〕。
本人も同じメニューをこなし後輩達と汗を流しています。

向井 賢治
Kenji Mukai
師範代 二段
168センチ  73キロ
● 2008真盟会館ルーキーズカップ
〔関西新人戦〕
マスターズクラス 軽量級 優勝
● 2009白蓮会館
西日本空手道新人戦
マスターズクラス 軽量級 優勝
● 2009白蓮会館
全日本空手道選手権大会
マスターズクラス 軽量級 ベストエイト

2003年に正援塾に入会。関西屈指のレベルの高さを誇る、白蓮会館と真盟会館の2大新人戦を制す。
その後白蓮会館、全日本空手道選手権にチャレンジ。空手歴で上回るベテランファイター達を撃破し、見事ベストエイトに進出。
空手を初めたのは37歳。普段は蛍池の人気ラーメン店、「まほろば亭」のマスター。
仕事が忙しく、練習は入門当初から「週一回」。 週一練習生ながら果敢にチャレンジを続ける姿は、後輩達に夢と希望を与えている。
長島 拓哉
Takuya Nagashima
二段  170センチ  63キロ

● 2011真樹道場、全日本空手道選手権大会   軽量級 優勝〔大会史上最年少V〕
● 2012カナダ、ビクトリア国際空手道大会   ブラックベルトの部 優勝
● 2012白蓮会館、全関東空手道選手権大会〔世界大会選抜予選〕   軽量級 第3位
● 2012真樹道場、全日本空手道選手権大会   軽量級 優勝〔2連覇達成〕
● 2012W.K.Oワールドカップ〔世界空手道選手権〕   軽量級 ベスト16
● 2012拳武道会館、全日本選手権大会   軽中量級 優勝〔大会史上最年少V〕
● 2013正援塾 特別試合 荒木妙孝戦 判定勝利
● 2013白蓮会館 全日本空手道選手権大会 軽量級 第3位
● 2014KWFワールドカップ〔世界選手権〕ベスト8
● 2016真樹道場全日本空手道選手権大会 軽量級 優勝

2004年に小学4年生で入会。ジュニア選手時代を経て現在に至る。
少年時代から練習熱心であったが、ジュニア時代は何度も何度も負け続け、成績はからきしであった。
諦めず努力を続け、中学生の終わり頃から少しずつ力をつけ始める。
努力が実り、2011年に実力は急上昇。「真樹道場、全日本空手道選手権」に出場。
全国的には全くの無名であった長島は、彗星のごとく現れ全日本デビュー戦で「史上最年少、優勝」を成し遂げる〔16歳〕。誰もが予想だにしない優勝に空手界が揺れた。
2012年には初の海外戦となるカナダ、「ビクトリア国際空手道大会」で優勝。真樹道場、全日本大会では2連覇を達成。空手ワールドカップ日本代表選手に選抜される。
同年の拳武道会館全日本選手権で「史上最年少、優勝」を果たし全日本大会2冠王となる。
今後も飛躍を望む長島は、練習を続けながら、後輩達に勝つことの素晴らしさを伝えている。

  • Check