空手道 正援塾

SEIENJUKU KARATE

代表アルバム

2016年 3月 アーノルド・シュワルツェネッガー主催の世界スポーツフェスティバル「アーノルドクラッシック オーストラリア2016」に出場。決勝戦は上段回し蹴りによる一本勝ちで優勝。2連覇を達成。主催者のアーノルド・シュワルツェネッガーと
read more
2015年 7月 代表が以前に所属していた養秀会、山元宗家に有志一同が花束を贈呈。
正援塾の前身は養秀会、大阪本部。 山元勝王宗家はかつて大山倍達総裁と力を2分した伝説の空手家です。
read more
2015年 4月 養秀会、山元勝王宗家から五段が授与される。
2015年 4月 アーノルドクラッシック空手大会の優勝が評価され大阪府池田市、小南修身市長より表彰を受ける。
read more
2015年 3月 アーノルド・シュワルツェネッガー主催の世界スポーツフェスティバル「アーノルドクラッシック オーストラリア2015」 空手チャンピオンシップに日本から単身出場。
日本人として唯一の優勝。初代アーノルドクラッシック王者となる偉業を達成。
read more
2014年 11月 20数年ぶりに集結した元同門空手家とイズムを引き継ぐその道場生達。
当時の流派のカリスマ「森田剛全」氏がアメリカから一時帰国。
森田氏が来るならと当時のメンバーが大集結しました。
read more
2014年 9月 主催大会で特別演武を行う。
型、征遠鎮。試割バット6本折りを成功させる。
The demonstration Video
2014年 8月 道場生2名を連れて約2週間のカナダ遠征を行う。
現地でデモンストレーションを行う。現地新聞に掲載されるなど高い評価を受ける。
read more
2013年 6月 ワールド〔旧USA〕大山空手主催、アメリカ ウエストコースト選手権に日本から単身出場し優勝を収める。日本人として初の優勝となる偉業。各メディアに報じられた。 
read more
2012年 3月 カナダにて行われた「ビクトリア国際空手道大会」にて道場生が国際戦で初優勝。
〔写真右〕会場では「東日本大震災」の募金活動を行う。  read more
2011年 9月 真樹道場、全日本大会で自身、全日本大会8度目の優勝。
道場生の長島拓哉が軽量級で優勝。空手界初の全日本大会師弟優勝を達成。
〔写真右〕大会決勝戦は故、真樹日左夫宗師の生前最後の主審にて行われる。  read more
2011年 8月 道場生が箕面市長から市長表彰を受ける。  read more
2011年 3月 カナダにて行われた「ビクトリア国際空手道大会」に来賓として招待を受ける。
2009年 3月 プロ格闘技イベントにて勝利
2008年 6月 世界大会選抜予選大会。初戦で小指が脱臼し大裂傷。指がちぎれかけた状態で3試合を勝ち抜き決勝戦に進出。2大会連続で日本代表選手となる。気迫の戦いは関係者からも高い評価を受けた。
2006年 2月 初の主催大会となる「北大阪ジュニア新人道大会」を開催。
2002年 11月 ISKA認定試合で優勝。ISKA世界ミドル級王者のタイトルを獲得
2000年 9月 養秀会アメリカ国際大会で優勝。〔当時22歳〕養秀会、山元勝王宗家と
  • Check