正援塾アーノルドクラッシック挑戦 遠征日誌 最終回
2017年3月14日〔火〕~3月21日〔火〕

若槻の記録したオーストラリア遠征日誌です。

正援塾アーノルドクラッシック挑戦 遠征日誌1はこちら

正援塾アーノルドクラッシック挑戦 遠征日誌2はこちら


 

 

3月19日〔日〕夜
アーノルドクラッシック空手大会「打ち上げパーティー」に招待していただきました。会は大盛り上がり。スタッフの皆さんともすっかり顔見知りになりました(^^)


 

海老ガーリックパスタにTボーンステーキ赤ワインソースです。激ウマでした。


 

久々にビールもたっぷりいただきました☆


 

フランスからこの大会に参加していたSebastien Sbh師範とお弟子さんの少年と。
真っ直ぐさの伝わってくるとてもかわいらしい少年でした。2人とも日本に来られたこともあり日本で再開なんて事もあるかもしれませんね。


主催者のピーター&マリアリッチ先生の子供さんたち
左デーヴィット君、右シャイダさん2人ともとってもかわいらしいいい子です(^^) 私を見るといつも声をかけてくれます。今回はお土産で私愛用のグローブと同じものをプレゼントしました。


 

最後は自撮り棒で盛り上がりました〔笑〕
楽しい宴会も終了です。オーストラリアのみなさん本当にお世話になりました。すべてにおいてみなさんが暖かく私を迎え入れてくれたこと。すごくありがたくとても感動しました。本当に感謝しています。またお会いできる日を楽しみにしています。


 

その後ホテルに戻りさらにビールを飲みました〔笑〕
同級生にライングループでお礼と優勝報告。みなさん心から祝福してくれ幸せな時間でした。fbのお祝いコメントやメールなども心をこめてお返ししました。


 

3月20日〔月〕
翌日モハメド選手に蹴られた足がはれ上がり歩行困難な状態に〔笑〕過去最強のローキックでした。


 

 

歩行が困難なためこの日予定していたとある山への観光はキャンセル。海に変更になりました〔笑〕
上原ご家族とご一緒させていただきました。ご家族との大切な時間に入れていただきありがとうございました。
片道約4時間の道のりを上原氏が運転してくれましたm(__)m
オーストラリアは都市部を外れるとただただ平原が広がるのです。写真は平原に突如現れた線路と踏切です〔笑〕


 

「世界一美しい道」と呼ばれるグレートオーシャンロードに到着!
圧巻の景色でした。


 

 

海岸まで下りました。波が高く危険な気もしましたがこたろう、さすけは海パン持参で、はしゃぎまくっていました〔笑〕


 

その後、紅の豚のアジトのモデルになった「ロックアードゴージ」に到着。
「飛ばねえ豚は。。。」です〔笑〕


 

 

本当にまんまという感じでとっても癒されました(^^)ツアーではここまでゆっくりできなかったでしょう。2時間はこの場でくつろいだと思います。気分はすっかり豚さんでした〔笑〕(^^)
上原ご家族は3年連続でここオーストラリアに応援に来ていただきました。もはやありえないを超えています。お礼の言葉が見つからない位感謝しています。私の性格もすっかりわかっていただいているようで試合前はいろいろ気づかってくださり、試合後は楽しくいい意味でお互い気づかいなく思い切り楽しい時間を過ごせたと思います。
上原家族の日本人離れした豪快&爽快なものの考え方は僕にもぴったり合っており自分にとって世界一の応援団でした。


 

この後ホテルに戻り翌日の飛行機で無事日本に戻りました。
今大会で現役選手生活を引退します。このアーノルドクラッシック挑戦日誌も今回が最終回となります。長々とみていただきありがとうございました。
アーノルドクラッシックの挑戦が決まってからのこの3年間は1つの物語になっていた気がします。挑戦を決心する前はとても怖かったのですが今はがんばって本当によかったなと思っています。本当にたくさんの支えや協力があったからこそがんばれたと心から思えます。ありがとうございました。
試合に出ないだけでまだまだ人生の戦いや挑戦は続きます。皆さま今後ともよろしくお願い致します。ありがとうございました。
若槻昌高




TOPへ