正援塾アーノルドクラッシック挑戦 遠征日誌3
2016年3月15日〔火〕~3月22日〔火〕

若槻の記録したオーストラリア遠征日誌です。

代表アーノルドクラッシック挑戦 遠征日誌1はこちら

代表アーノルドクラッシック挑戦 遠征日誌2はこちら


 

3月20日〔日〕
アーノルドクラッシック空手大会「打ち上げパーティー」に招待していただきました。
極真以外の流派はやはり我々だけでしたが暖かく迎えていただきました。
さすけ、こたろうもオーストラリアジュニア空手家のみなさんと昨年以上に打ち解け、鬼ごっこなどをして遊んでいました。
もちろん言葉はほとんどわかりません。
空手を通じて広がる国際交流は素晴らしいです。何物にも代えがたい素晴らしい経験になるでしょう。


 

パスタやステーキなどの料理もイケてました(^^) 久々にビールも飲みました。


ピーターリッチ夫妻の長男であるデイヴィッド君。まだ中学生なのにとても良くできた子でこたろう、さすけを鬼ごっこに誘ってくれたのも彼。
思いやりのあるとてもいい子です(^^)


 

 

楽しいパーティーが終了。
明日ヒマですと話してたら(オーストラリア格闘技界の英雄である)「サムグレコのレストランに行かないか?」と招待をいただきました。「もちろん行きます!」とまさかの展開。
この後はホテルに戻り、深い眠りにつきました〔笑〕


 

3月21日〔月〕
翌日ホテルから徒歩20分ほどの「サム・グレコ」氏のレストランを目指します。きれいな公園を通りました。遊びまわる上原兄弟〔笑〕。私も試合が終わりすっかりリラックス。


 

 

サムグレコ氏のレストラン&カフェに到着。
雰囲気のあるすてきなお店でした。ロッキーザファイナルに出てくる。ロッキーの店のようでした〔お店はロッキーザファイナルの公開されるもっともっと以前から営業しています〕


店内をサムグレコ氏直々に案内してくれました。展示されたトロフィーや記念品の思い出を語っていただきました。
「マイケルトンプソンに2度敗れ、3度目の対決で〔日本にて〕雪辱を果たした時は本当にうれしかった」と。。
マニアにはたまらない贅沢な話です〔笑〕

サムグレコ氏のハイライト動画にはこちらのお店も写っています
サムグレコ氏のハイライト動画はこちら


展示されたトロフィー前で


〔ロッキー4、ドラコ役の〕ドルフ・ラングレン〔中央〕とも練習を共にしたそうです。


 

お料理をいただきました。めちゃくちゃうまかった(*_*)
海外は大味なものが多いのですがここの料理は繊細で細かい味付けがされています。写真以外にもパスタなどをいただきました。


食事中の一枚。メンバーは我々日本勢とピーターリッチ先生ご家族。奥様のマリア先生の妹ジョージ―。今大会の軽重量級チャンピオンのベンジャミン選手。
みなさん試合や大会運営で疲れている所集まっていただきました。
ありがとうございます。


食後の談笑タイム。空手大会主催者であるマリアリッチ先生〔左〕は1997年の極真〔松井派〕世界ウエイト制大会で優勝。極真オーストラリア大会では6度の優勝を果たしたスーパーチャンピオン。

以前はサムグレコ氏とも練習を共にしオーストラリアすべての極真と親交が深いとの事。マリア氏の呼びかけがあったからこそアーノルドクラッシックのような派閥を超えた大会が実現したとの事。


 

してサインもいただきました。デイヴィッド君兄弟も。
こたろう、さすけは道着と金メダルにもサインをいただきました。
嫌な顔一つせず対応していただいたサムグレコさんに感動。


オーダーを聞くサムグレコ氏
何より我々が心を打たれたのはオーナー、サムグレコさんの真っ直ぐに働く姿。
我々に気を使いながらも自らお店に立ち、オーダーを聞き、食事の味を聞いたり、お見送りをしたりとお客さん一人一人に気を使った、きめ細かなサービスをされていました。
オーナーであり有名人ですので失礼ながら座って指示だけだしているのかと思っていましたm(__)m
「しっかりと足元を見つめて毎日を一生懸命に働かなくては」と感じる事ができ、とても感動しました。サムグレコさんありがとうございます。


お店の前で記念撮影。
みなさんともお別れです。みなさん日本に来たいと言っておられました。その日が来たら最高ですね。責任を持ってご案内しますよ(^^)
メルボルンのみなさんありがとうございました。


 

上原家族ともお別れし、空港チェックインまで6~7時間ほど時間が空きました。
何をしようかと考えアーノルドクラッシックの行われたメルボルンコンベンション&エキシビジョンセンターに行きました。
会場前がちょっとした公園になっており行ってみる事に。


 

 

最高の景色と気候でした。
疲れていたので腰を下ろしひたすたくつろぎました。試合が終わりプレシャーから解放されると見える景色も変わります。
昨日までは戦場にしか見えなかったのですが〔笑〕


気が付けば日没。
この後ホテルに戻り深夜の飛行機にのり無事日本に戻りました。


主催者のアーノルド・シュワルツェネッガーと
長々とご覧いただきありがとうございました。
素晴らしい結果を残せ、素晴らしい経験をする事ができました。

みなさん、これからも長く空手を続けてがんばりましょう。
K-1魔裟斗選手が最後に世界チャンピオンに返り咲いた時
「一つの事をずっと続けているといい事があるんだなと思いました」
と話されていましたがそれは本当の事です。

辛い事ももちろんありますが、私も続ければ続けるほど素晴らしい経験があり、素晴らしい繋がりができ、本来当たり前の感謝の気持ちをより深く感じることができたりと、
もちろんまだまだですが「がんばってきてよかったな」
と心から思うのでありました。

これからもがんばりますのでよろしくお願い致します。
ありがとうございました。
若槻




TOPへ