2014カナダ遠征アルバム②
2014年8月2日~8月13日

カナダ遠征アルバム①はこちら


 

8月4日
この日はグレッグ先生の道場の昇段審査に参加。
ニック・グラバスさんが受審されます。まずは基本稽古


 

10人組手。若槻は10人目で参加させてもらいました。
見事に完遂!
小夏、千晴はタイム係でお手伝い。


ニックを囲んで記念撮影


初段を認定されたニックと
おめでとう!


 

夕方からはカナダ小林流のジュニア練習に参加させていただきました。
人数が少ないのはカナダの子供は、夏休みは徹底して遊ぶのが常識だそうで長期休暇を取る子供が大半との事。こちらの道場も普段は30名ほどのジュニア生徒が練習されているそうです。
ビクトリア中のほとんどの空手道場や習い事も夏休みの間の2ヵ月ほどはクローズ状態になるそうです。


 

指導の時間を作っていただきました。まだこちらではジュニアのフルコンタクト空手は少なく。みなさん熱心に聞いてくれました。


 

最後は小夏と千晴の組手を見ていただきました。


 

 

その後ビクトリアの街が一望できる山頂につれて行ってもらいました。
街、海、山、アメリカ大陸が一望できる壮大な景色でした


山から見える夕焼けは素晴らしかったです。


 

 

8月5日
朝はワイルドプレイという現地のアスレチックに行きました。
ありえないスケールのアスレチックでした〔笑〕


 

命綱を頼りに何とかゴール。命綱がなければ千晴は2回落ちてました〔笑〕


 

夜はグレッグ先生の道場の練習に参加。
こんな写真も撮りました〔笑〕


8月5日
ついにデモンストレーション当日を迎えました。
デモンストレーション以外にもこの日は本当にたくさんの事がありました。
この日、ビクトリア1有名な新聞の朝刊にデモンストレーションの事が
掲載されており驚きました。
「日本から実戦空手のチャンピオンが生徒2名を連れてビクトリアを訪問、今夜デモンストレーションを行う。」と言った内容です。


朝に世界最高峰の立ち技イベントGLORYのガブリエル・バルガ選手とお会いしました。
ビクトリア在住のファイターで現在GLORYで活躍中。
伝統派空手の有段者でもあり以前はグレッグ先生の所にも、型練習に来られていたそうです。
なんとバルガ選手からこちらまで会いに来てくれました。

とてもやさしく感じのいい方で日本の久保優太選手と対戦した時の話など1時間ほど盛り上がりました。


 

午後からはなんとビクトリア市長を表敬訪問!
市長室前にて


 

通訳さんも呼んでいただき本格的なものでした。
ビクトリアDean Fortin市長は大都市の市長であるにもかかわらず我々を暖かく迎えていただきました。
アフターヌーンティーを楽しみながら、 自己紹介からはじまり、ビクトリアの歴史や日本との繋がりの話まで丁寧にお話していただきました。
日本の盛岡市とビクトリアは公認の姉妹都市だそうです。


 

ビクトリア市長室を訪問した歴代のゲストブックに名前を記帳。
小夏、千晴も記帳しました。


 

市長からプレゼントをいただきました。
1人1人異なる気持ちのこもったプレゼントに感動。


最後は全員で記念撮影


そしてなんと市長も「正援塾ポーズ」で記念撮影!!
我々を暖かく迎えていただき本当にありがとうございました。


 

 

市長訪問後は制服姿で観光を行いました。
制服姿でビクトリアの街を歩く姿は誰がどう見ても「修学旅行」にしか見えません〔笑〕


 

その後そのままデモンストレーションの打ち合わせへ突入。
本番1時間前。打ち合わせは地元のカンフースクールにて行いました。
映画に出てきそうな、なんとも雰囲気のある場所でした。


 

演武は大成功!カナダのみなさんも本当に喜んでくれました。
この日の成功のために猛特訓を積みました。本当に良かったです。
我々を受け入れ、盛り上げてくれたビクトリアのみなさん、本当にありがとうございました。
型「征遠鎮」


 

板割り


組手3人掛け


グレッグ先生、喜久川先生による「棒VSトンファー」の演武


 

バット6本折り。


終了後3人で


 

応援に来てくれたビクトリアジュニア空手家のみなさんと記念撮影で盛り上がりました。


達成感溢れるこの1枚。この遠征のベストショットとなりました。


地元のピザ屋さんで打ち上げ。
みんな集まってくれました。ビクトリア最後の夜は楽しい楽しい大宴会でした。


2014カナダ遠征アルバム③へ続く



TOPへ